×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[無料占い] [無料ゲーム]

目次 [] []
Loading...

後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん, Acquired Immunodeficiency Syndrome:AIDS は、[[ヒト免疫 不全ウイルス]](HIV)の感染によって引き起こされる免疫不全症。

一般に英語の略称エイズ(AIDS)として知られている。

歴史

1981年にアメリカのロサンゼルスに住む同性愛男性に初めて発見され症例報告された。ただし、これはエイズと正式に認定できる初めての例であり、疑わしき症例は1950年代から報告されている。その後わずか10年程度で感染者は世界中に100万人にまで広がっていった。


当初、アメリカでエイズが広がり始めた頃、原因不明の死の病に対する恐怖感に加えて感染者に同性愛者や麻薬の常習者が多かったことから感染者に対して社会的な偏見が持たれたことが有った。現在は、病原体としてHIVが同定され、異性間性行為による感染や出産時の母子感染も起こり得る事が広く知られるようになり、エイズ患者に対する差別的な偏見は少なくなった。しかし、未だこの病気に対する知識の不足から来る差別・偏見の存在が問題視されている。

疫学

世界の現状

現在全世界でのヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者は全世界で1千万人に達すると言われている。その拡大のほとんどがアジアアフリカ地域の発展途上国において見られる。近年では中国において急速に感染の拡大が生じて社会問題化している。

日本の現状

感染症法における「五類感染症」に分類されている。

欧米等の先進諸国では、徹底した感染予防キャンペーンや性教育などで、新規のHIV感染者は減少傾向にあるが、先進諸国で依然、感染が拡大傾向を示しているのは日本だけである。

現在、日本のHIV感染者は薬害エイズによる感染者も含めると、報告されているだけで1万人に達している。東京だけでも500人に1人の割合で感染している可能性があるとの報告もあり、検査を受けていない人数を考慮すると全国で数万人にまで達している可能性も指摘されている。

日本におけるのHIV感染者の増加は、日本国籍の男性が中心であるが、近年は日本国籍の女性も緩やかな増加傾向にある。日本国籍の男性の感染経路として最も多いのは、同性間の性的接触であり、次いで異性間の性的接触である。日本国籍の女性の感染経路は、ほとんどが異性間の性的接触である。日本においての感染経路は、男性女性ともにそのほとんどが性的接触であり、麻薬の静脈注射による感染が非常に少ないのが特徴である。

感染経路として増加傾向にあるのが異性間の性的接触であり、次いで同性間の性的接触である。これまで日本のHIV感染の経路は、同性間の性的接触という狭いコミュニティの中で起こった現象であったが、それが通常の性的接触に広まりつつあり、異性間の性的接触による感染例が増加してきている物と考えられる。

臨床像

急性感染期

HIVに感染して1〜2週間程度で軽い風邪に近い症状が現れる。しかし、人によってはこういった症状に気づくこともなければ見過ごすことも多く、また症状が出ない人もいる。この症状は1週間から長くても2〜3ヶ月程度で収まっていく。

また感染して数日間は血中のウイルス濃度は非常に高いが、数週間程度ですぐに抗体が産生されウイルス濃度は激減する。一般のHIV感染検査はこの産生される抗体の有無を検査するため、感染後数週間、人によっては1ヶ月程度経過してからでないと十分な抗体が測定されないため、検査をすり抜けることがある。(ウィンドウ期間)

無症候期

多くの人は急性感染期を過ぎて症状が軽快し、だいたい5〜10年は無症状で過ごす。この間、見た目は健康そのものに見えるものの、体内でHIVが盛んに増殖を繰り返す一方で、免疫担当細胞であるCD4陽性T細胞がそれに見合うだけ作られ、ウイルスがCD4陽性T細胞に感染し破壊するプロセスが繰り返されるため、見かけ上の血中ウイルス濃度が低く抑えられているという動的な平衡状態にある。無症候期を通じてCD4陽性T細胞は徐々に減少していってしまう。

またこの期間に自己免疫性疾患に似た症状を呈することが多いことも報告されている。

無症候期にある感染者は無症候性キャリアAC)とも呼ばれる。

発病期

血液中のCD4陽性T細胞がある程度まで減少していくと、免疫力低下症状を呈するようになる。

多くの場合、最初は全身倦怠感、疲れやすい、体重が減った、下痢気味、発熱気味などの症状を呈することが多い。大抵これらの症状によって医療機関を訪れ、検査結果からHIV感染が判明してくる。

その後、免疫担当細胞であるCD4陽性T細胞の減少と同時に多くの日和見感染を生じ、カポジ肉腫等の悪性腫瘍も生じてくる。また、脳神経が冒されると痴呆記憶喪失を引き起こすこともある。



エイズについて、正しい情報を知りたい!と思ったら、まず最初に読むのに良い本だと思います。エイズに関わる様々な分野の方が執筆されているので、多方面からエイズについて学べる一冊です。それでいて、難しい表現がありません。この本から興味を深めたい分野を知り、執筆者を頼りによりほりさげることも十分可能だと思います。

はっきりいって、HIV感染者に対する偏見を持っていました。しかし、この本を読んで、私の知識の浅はかなことを思い知らされ、彼らに対する考え方も変わりました。いろいろな困難を背負って生きているHIV感染者の人々のストーリには勇気付けられました。 この本は、あなたとHIV/エイズの関係を大きく変えること間違え無しです。いままで読んだHIV・エイズ関係の本の中でスバ抜けて素晴らしい本です。

2枚のこどもの写真からこの本ははじまる。 ひとりはブラジルの、ひとりはアフリカの子どもである。 同じエイズという病気にありながらひとりは生に希望をもち、ひとりはホスピスで静かに死を待っている。 日本の一企業でコストの制約を受けながら医療に関わっているもののひとりとして、特許は当然守られてほしいと願う。 この本はそんな私に非難や攻撃ではなく、淡々とした事実として「開発コスト」や「権利」という当然のことを上回る現実を語っている。 特許、知財の影の部分に光をあてた一冊。知財に興味のある方にもおすすめの1冊。

なぜAIDSが同性愛者やモラルがない人がかかる病気という差別的なイメージが根付いてしまったのか、この本では社会的な背景や歴史がわかりやすく説明されている。AIDSに対する正しい知識を体系立てて学べると共に、差別や偏見、セックスについて、現代社会が抱える根深い問題も考えさせられる。AIDSを解決するためには、まずは多くの人がAIDSを他人事にはせずに、現実を視て知ることが重要な一歩なのだろう。若者だけでなくぜひ大人や老人にも読んでもらいたい。

コンドームの選び方や、破れない外れないつけ方の秘訣、「ちゃんと」安全なオーラルセックスをするとは具体的にどういうことなのか、今の日本で絶対にHIV感染していないと言えるのはどんな人か、などなど、エイズについてはある程度知っていたつもりの私でしたが、この本はさらに目から薄いうろこが落ちるような気にさせられました。 著者が医師として偏見を持っていたという話や、ご自身の奥様との関係、感染者のご友人への思いなどを垣間見るような、きわめて実用的でありながら、ほのぼのさわやかな読後感のある珠玉の一冊です。

「高価すぎて途上国では無理」と言われていた抗レトロウイルス薬治療(ARV治療)を含むエイズ治療を実施する取り組みが急速に広がってきた。2002年には4万人しかいなかったアフリカでARV治療を受けているエイズ患者の数が、2005年6月には50万人に達し、年内にさらに20万人を対象とした治療が始まろうとしている。途上国でのエイズ治療実施を阻んでいた開発援助の「常識」、保健医療専門家の「認識」が大きく変わっていったのは、なぜかがよくわかる本が出た。

不当解雇訴訟を通してエイズ問題を考えさせてくれる秀作。登場人物も限られており、派手なパフォーマンスもありませんが、メッセージがはっきりしており、また、原告のトム・ハンクスや彼を弁護するデンゼル・ワシントンの演技が抜群なことから、完成度の高い作品になっています。法廷ものは数多くあるものの、ここまで静かで、品のある法廷ものははじめてです

図表を使ってエイズウイルス、感染のしくみについて分かりやすく説明しています。 「専門医」が書いただけあって(にも関わらず?)、ポイントを押さえ、文系の私でもよく理解できました。 エイズの医学的理解の手始めにお勧めです。

HIVに感染した4人の若者たちへのインタビューと、エイズに関するQ&Aとを組み合わせた、若者向けのエイズの本。エイズを予防し、ウィルスの感染者を受け入れるため、ぜひ一読を。
異性間エイズ感染者として、宣告から死までの間、自己の内面と病いの意味をみつめ続け、記録し続けた日本人女性の遺稿と、妻と共に生と死のプロセスを歩み、支えた夫の回想記。

本書は、エイズ医療の改革に取り組む医療者の活動と、感染者を支える地域のネットワークをテーマに、取材地は九州から北海道にまでおよぶ。地方在住の HIV感染者と家族や友人、それぞれの立場からエイズという病気が抱える課題と向き合い、感染者に寄り添ってきた人々、地域ぐるみで感染者の診療に取り組む医療者の声を、そのままのかたちで伝えた。
先進国で唯一、10代、20代を中心にHIV感染者が急増する日本。その現状は誰もが感染の危険を持つほどに深刻化している。恋人との同性間性接触によってHIVに感染した著者は、自らの体調の異変からそれに気づき、検査で陽性だと告げられた。その日から、忍び寄る病魔や周囲の偏見といった、過酷な闘いの日々が始まる。第5回新風舎文庫大賞ドキュメンタリー部門賞受賞作。
タイトルから、乙女チックな自己陶酔本かと思われたが、内容は全然違って、海外での恋愛によってHIVに感染した著者が、様々な葛藤を乗り越え周囲の協力を得て、明るく積極的に様々な活動に取り組んでゆく日常を、ありのままの言葉で綴った生きる勇気の溢れる本だった。はたして自分がこのような難病にかかったときに、彼女のように生きることができるだろうか。彼女の存在そのものが、「神様がくれた」存在のように光り輝いている。
筆者はタイでのエイズホスピスボランティアの体験を通して、現在のエイズの状況と風俗大国タイの売春婦達にハマる世界の男達のインタビューをしている。伝説の売春婦やその彼氏だった日本人のアウトロー、母国で稼ぎタイに妻子のいる西洋人など、本当かよと思うような人物が次々登場し、筆者自身も本当に医者かよ!と思ってしまった。





Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク