×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[目次]
[無料占い] [無料ゲーム]

Loading...

黒澤 明(くろさわ あきら、1910年3月23日 - 1998年9月6日)(黒沢 明とも表記)は、日本映画監督小津安二郎溝口健二成瀬巳喜男らと共に、海外でも広く名前が知られている日本映画の巨匠の一人であり、「世界のクロサワ」と呼ばれることもある。 映画芸術科学アカデミーの会員だった。 文化勲章受章者。妻は矢口陽子女優)。タレントプロデューサー黒澤久雄は息子。衣装デザイナー黒澤和子は娘。加藤隆之は孫。 黒澤優黒澤萌は孫娘。

来歴

東京府荏原郡大井町(現在の東京都品川区東大井)出身。父親は秋田県中仙町出身の元軍人、体育教師。若い頃は、なかなか進路が決まらず、焦燥の日々を過ごしていた。画家を志していたこともあったが、1936年P.C.L.映画製作所(現在の東宝)に助監督として入社、映画界に飛び込む。

ロシア文学ジョン・フォードの映画の影響を受け、シェイクスピアの『リア王』(『』)、『マクベス』(『蜘蛛巣城』)、ドストエフスキーの『白痴』 (『白痴』)、 芥川龍之介の『藪の中』(『羅生門』)などの文芸作品の翻案もの、『七人の侍』、『隠し砦の三悪人』などの純粋な娯楽時代劇、『生きる』『天国と地獄』などのヒューマン現代劇などの作品がある。1948年の『醉いどれ天使』にはじまり、1965年の『赤ひげ』まで、主演には 三船敏郎を頻繁に起用した。(ただし、『生きる』を除く)

『蜘蛛巣城』で三船敏郎に向かって本当に矢を撃ち、三船を怒らせたことでも有名。

一方で、その妥協を許さない厳しい製作姿勢から、映画製作が滞ったこともあった。『赤ひげ』の制作で東宝との関係が悪化したこともあって黒澤はアメリカで『暴走機関車』の制作を準備するが、制作方針を巡りアメリカ側と深刻な対立が生じたため、映画は実現しなかった(後にアンドレイ・コンチャロフスキーが黒澤の脚本を原案として映画化)。

1968年に日米合作『トラ・トラ・トラ!』の日本側監督を務めた際には、撮影開始当初から米国側の製作会社であった20世紀フォックスや仲介の日本人ブローカーと、撮影スケジュールや予算を巡って激しく衝突した結果、監督を降板する事態となり、その2年後には自殺未遂事件を起こしている。黒澤の代役には舛田利雄深作欣二(クレジット上は共同監督だが、深作が担当したのは実質的にはB班監督)とが共同で当たった。なお黒澤本人の意向によりクレジットに名前はないが、脚本は黒澤が書いたものがほとんどそのまま使用されている。

その後、一時映画製作から遠ざかっていたが、ソビエト映画界の全面支援による『デルス・ウザーラ』、ジョージ・ルーカスフランシス・フォード・コッポラを外国版プロデューサーに配した『影武者』、フランスとの合作の『乱』、米ワーナー・ブラザーズ製作(日本ではこの映画への出資をワーナーに働きかけて実現させたスティーブン・スピルバーグ提供とクレジットされている) 『』等、海外資本の参加によって実現した映画が続くことになる。それ以降も『八月の狂詩曲』、『まあだだよ』と制作は続くが、次回作として予定されていた『雨あがる』の脚本執筆中に京都の旅館で転倒骨折したために療養生活に入り、映画制作は不可能となった(その後『雨あがる』は元・黒澤組スタッフが中心となって制作、2000年に公開される 監督は小泉堯史)。

1998年9月6日に脳卒中により逝去。1998年10月1日、映画監督としては初の国民栄誉賞を受賞。

世界的な影響

海外の、アメリカを中心とした映画監督にも影響を与え、ジョージ・ルーカスは代表作『スター・ウォーズ』の登場キャラクターを『隠し砦の三悪人』から着想したと述べており(そもそも『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』自体のストーリーが『隠し砦の三悪人』に酷似しており、ファーストシーン・ラストシーンともそっくりである)、スティーヴン・スピルバーグの『未知との遭遇』の砂嵐の中からジープが現れる場面は『蜘蛛巣城』、 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』で主人公が後ろ姿だけで顔を見せない冒頭は『用心棒』を模したと言われ、フランシス・フォード・コッポラの『ゴッドファーザー』のファーストシーンの結婚式の場面は『悪い奴ほどよく眠る』の手法を模したといわれる。また、『七人の侍』が米映画『荒野の七人』 (ジョン・スタージェス監督)、『用心棒』が米映画『ラストマン・スタンディング』(ウォルター・ヒル監督)などに翻案された。だが、イタリア映画『荒野の用心棒』(セルジオ・レオーネ監督)のように盗作問題に発展したケースもあった。



監督作品

公開年 作品名 制作(配給) 脚本 主な出演者 上映時間ほか
1943年 姿三四郎 東宝 黒澤明 大河内傳次郎藤田進月形龍之介志村喬 79分/白黒/スタンダード
1944年 一番美しく 東宝 黒澤明 志村喬、清川荘司入江たか子矢口陽子 85分/白黒/スタンダード
1945年 續姿三四郎 東宝 黒澤明 大河内伝次郎、藤田進、月形龍之介、河野秋武轟夕起子、清川荘司、宮口精二森雅之 82分/白黒/スタンダード
1945年 虎の尾を踏む男達 東宝 黒澤明 大河内伝次郎、藤田進、榎本健一仁科周芳(岩井半四郎) 58分/白黒/スタンダード
1946年 わが青春に悔なし 東宝 久板栄二郎 原節子、藤田進、杉村春子、大河内伝次郎、河野秋武、三好栄子、志村喬 110分/白黒/スタンダード
1948年 素晴らしき日曜日 東宝 植草圭之助 沼崎勲中北千枝子渡辺篤菅井一郎 108分/白黒/スタンダード
1948年 醉いどれ天使 東宝 植草圭之助、黒澤明 志村喬、三船敏郎山本礼三郎千石規子、中北千枝子、笠置シヅ子久我美子 98分/白黒/スタンダード
1949年 静かなる決闘 大映 黒澤明、谷口千吉 三船敏郎、志村喬、千石規子、三条美紀、中北千枝子 95分/白黒/スタンダード
1949年 野良犬 新東宝映画芸術協会 黒澤明、菊島隆三 三船敏郎、志村喬、木村功、山本礼三郎、淡路恵子、千石規子、三好栄子、千秋実 122分/白黒/スタンダード
1950年 醜聞 松竹=映画芸術協会 黒澤明、菊島隆三 三船敏郎、山口淑子、志村喬、桂木洋子北林谷栄日守新一左卜全 104分/白黒/スタンダード
1950年 羅生門 大映 黒澤明、橋本忍 三船敏郎、京マチ子、志村喬、森雅之、千秋実、上田吉二郎加東大介本間文子 88分/白黒/スタンダード
1951年 白痴 松竹 久板栄二郎、黒澤明 原節子、森雅之、三船敏郎、久我美子、志村喬、千秋実、東山千栄子、千石規子 166分/白黒/スタンダード
1952年 生きる 東宝 黒澤明、橋本忍、小国英雄 志村喬、日守新一、千秋実、小田切みき田中春男、宮口精二、金子信雄浦辺粂子藤原釜足、左卜全、渡辺篤伊藤雄之助 143分/白黒/スタンダード
1954年 七人の侍 東宝 黒澤明、橋本忍、小国英雄 三船敏郎、志村喬、木村功、宮口精二、津島恵子、千秋実、藤原釜足、左卜全、稲葉義男加東大介高堂国典土屋嘉男東野英治郎 207分/白黒/スタンダード
1955年 生きものの記録 東宝 橋本忍、小国英雄、黒澤明 三船敏郎、志村喬、千秋実、東野英治郎、千石規子、清水将夫根岸明美、三好栄子、左卜全、佐田豊 113分/白黒/スタンダード
1957年 蜘蛛巣城 東宝 小国英雄、橋本忍、菊島隆三、黒澤明 三船敏郎、山田五十鈴、志村喬、久保明、千秋実、太刀川洋一浪花千栄子佐々木孝丸、高堂国典、稲葉義男 110分/白黒/スタンダード
1957年 どん底 東宝 小国英雄、黒澤明 三船敏郎、山田五十鈴、香川京子、千秋実、左卜全、藤原釜足、三井弘次、東野英治郎、渡辺篤 125分/白黒/スタンダード
1958年 隠し砦の三悪人 東宝 菊島隆三、小国英雄、橋本忍、黒澤明 三船敏郎、千秋実、藤田進、藤原釜足、志村喬、上原美佐、三好栄子、土屋嘉男、三井弘次 139分/白黒/シネマスコープ
1960年 悪い奴ほどよく眠る 東宝=黒澤プロ 小国英雄、久板栄二郎、黒澤明、菊島隆三、橋本忍 三船敏郎、香川京子、三橋達也、森雅之、志村喬、加藤武西村晃笠智衆、藤田進、藤原釜足、宮口精二、中村伸郎 151分/白黒/シネマスコープ
1961年 用心棒 東宝=黒澤プロ 菊島隆三、黒澤明 三船敏郎、仲代達矢、山田五十鈴、加東大介、東野英治郎、沢村いき雄、志村喬、夏木陽介 110分/白黒/シネマスコープ
1962年 椿三十郎 東宝=黒澤プロ 菊島隆三、小国英雄、黒澤明 三船敏郎、仲代達矢、小林桂樹加山雄三団令子、志村喬、藤原釜足、清水将夫、伊藤雄之助、入江たか子、平田昭彦田中邦衛 96分/白黒/シネマスコープ
1963年 天国と地獄 東宝=黒澤プロ 小国英雄、菊島隆三、久板栄二郎、黒澤明 三船敏郎、仲代達矢、香川京子、三橋達也、木村功、志村喬、山崎努、佐田豊、藤田進、藤原釜足、島津雅彦 143分/白黒・パートカラー/シネマスコープ
1965年 赤ひげ 東宝=黒澤プロ 井手雅人、小国英雄、菊島隆三、黒澤明 三船敏郎、加山雄三、山崎努、団令子、香川京子、桑野みゆき二木てるみ頭師佳孝、志村喬、笠智衆、藤原釜足、内藤洋子、杉村春子 185分/白黒/シネマスコープ
1970年 どですかでん 四騎の会=東宝 黒澤明、松江陽一 頭師佳孝、菅井きん三波伸介伴淳三郎芥川比呂志奈良岡朋子加藤和夫、渡辺篤、根岸明美井川比佐志、田中邦衛、松村達雄 140分/カラー/スタンダード
1975年 デルス・ウザーラ モスフィルム 黒澤明、ユーリー・ナギービン ユーリー・サローミンマキシム・ムンズークシュメイクル・チョクモロフウラジミール・クレメナスベトラーナ・ダニエルチェンコ 141分/カラー/70ミリ・ワイド
1980年 影武者 東宝=黒澤プロ 黒澤明、井手雅人 仲代達矢、山崎努、隆大介萩原健一根津甚八大滝秀治油井昌由樹桃井かおり倍賞美津子室田日出男、志村喬 179分/カラー/ビスタビジョン
1985年 グリニッチ・フィルムヘラルド・エース 黒澤明、井手雅人 仲代達矢、寺尾聰、隆大介、根津甚八、原田美枝子宮崎美子野村武司、井川比佐志、ピーター、油井昌由樹、植木等 162分/カラー/ビスタビジョン
1990年 黒澤プロ 黒澤明 寺尾聰、倍賞美津子、原田美枝子、井川比佐志、いかりや長介井崎充則、笠智衆、頭師佳孝、根岸季衣マーティン・スコセッシ 120分/カラー/ビスタビジョン
1991年 八月の狂詩曲 黒澤プロ=フィーチャーフィルムエンタープライズII 黒澤明 村瀬幸子吉岡秀隆大寶智子鈴木美恵、井崎充則、井川比佐志、根岸季衣、リチャード・ギア 97分/カラー/ビスタビジョン
1993年 まあだだよ 大映=電通=黒澤プロ 黒澤明 松村達雄、香川京子、井川比佐志、所ジョージ、油井昌由樹、寺尾聰、小林亜星日下武史 134分/カラー/ビスタビジョン

受賞歴 


『姿三四郎』の突風の中の決闘シーンの凄いこと。それを映像化するのに黒澤明がどれほど、"あの風"を待っていたか想像するだけでも身震いする。 『七人の侍』は、アクション・スペクタクルとして世界に類を見ない大傑作。 その語り口のうまさに思わず唸ってしまう娯楽大作『赤ひげ』。 ソ連映画!!『デルス・ウザーラ』のスケール。 こんな骨太な作品群を創り出す映像作家が今後、世に出ることはないであろう。

まさにエンターテイメントと様式美が一体となった「三十朗シリーズ」は、「モノクロで古臭そう」と敬遠しがちな若い世代の人達(自分もその内の様に思ってますが)にこそ、是非、観て頂きたいです!。 この強烈な面白さ、豪快さ、美しさは、ハリウッド映画に浸った今でも、永遠に色褪せません!。 三船のギラギラした強烈な存在感にして、黒澤監督が「これぞ俺の写真だ!」と言わしめた「酔いどれ天使」など、その他も素晴らしいこのBoxセット。 ファンだけでなく、絶対のお勧めです。

本BOXには現代劇の傑作2本、「天国と地獄」「生きる」の2本が含まれており、やはりはずせないと思います(ばらし方が上手い・・・)。天国と地獄はとくに、最近でも「踊る大捜査線the movie」でももろにパロってましたし、「模倣犯」や「身代金」などにも絶大な影響を及ぼした傑作です(模倣犯で被害者サイドの山崎努がここではピースにも通じる犯人ですが)。「天国と地獄」で手に汗を握り、「生きる」で涙し、「隠し砦の三悪人」(スターウォーズがこれからインスパイアされたのは有名な話ですよね)で締める・・・やはり、これも買ってしまうしかなさそうです。

「白痴オリジナルシナリオ」とは、一体いかなるものだろう。 ボックスセットにつくおまけのことである。『白痴』単体DVDには、 ついてこない。ボックスセットを買わないと、手に入らない。 俺は、このおまけのために、ボックスセットを満を持して手に入 れるつもりだ。というのは、俺は、これが『白痴』のあの幻の 完全版のシナリオだと信じているからだ。

このDVDには特典映像は2つある。当時の製作者たちの座談会と宮崎監督の黒澤監督の対談である。製作者たちの座談会は当時の裏話が聞けてとても参考になる。一方,私は後者の宮崎監督と黒澤監督の対談が好きである。宮崎さんが黒澤監督の前では借りてきた猫のように恐縮しきった態度で終始受け答えしている姿は実に微笑ましい。ちなみに黒澤監督は生前、宮崎さんの「となりのトトロ」が大好きで何度も観て楽しんでいたそうだ。(娘の黒澤和子さん談)

もう二度と生の肉声を聞けないのは誠に残念ですが、遺言とも言うべ貴重な言葉にみちあふれている。 生前は妥協をしらない完全主義者、天皇といわれたが、映画を愛するが故、英かファンをあいするが故のことだったのだ、ということがよくわかった。

黒澤明監督の名作「七人の侍」を元にしたアニメ。 実は「七人の侍」を観たことがないのだが、 それにしても「七人の侍」で「SAMURAI7」とは どんなふざけた色ものアニメなんだ、と期待せずに観たが、 これがどうして、ものすごくデキがいい。 普通に、いや普通以上に面白い。 「七人の侍」の単純な焼き直しではなく ベースを大事にしつつも世界観やキャラクタを しっかりリメイクした、ひとつの新作になっている。



Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク